JaSST ソフトウェアテストシンポジウム

JaSSTソフトウェアテストシンポジウム

JaSST'17 Kansai 開催要項

JaSST'17 Kansai 開催のお知らせ

「アイ、テスト」

ソフトウェア・コンピューターが自ら学習し、判断し、行動するといった人工知能・機械学習に関するニュースが、エンジニアだけでなくコンシューマにも向けて日々発信されています。
コンピュータ技術の発達とともに研究が進められてきた人工知能は、IT技術の高度な発達と普及によって日々生み出される膨大なデータと新しい技術であるディープラーニングの登場によって、大きなポテンシャルを秘めたまま多様な実用化へと進みだしました。まさに本格的な「人工知能活用の時代」が到来したと言えるでしょう。

しかし、活用が進んだことで、実際の生活やビジネスにおいて、必ず直面する社会倫理や責任問題を、人ではない人工知能に対してどのように教え、どのように背負わせるかという問題も浮かび上がってきています。
悪意あるデータの入力により人工知能が不適切な発言を行うようになり人工知能の社会倫理の学習の難しさが浮き彫りとなった事例や、自動運転車が、人が運転するのと同じような自然な運転を目指したことが過失を引起すという、様々な条件、状況が混在する現実社会への自動運転の導入の難しさを表す事例などがその一端でしょう。
そのような中、ソフトウェアであるAIの安全性や信頼性の確保・品質保証のために、テスト、品質に携わる者として、私たちは何を見て、どう考えたらいいのでしょうか?
AI、人の力、互いを最大限活用するには何が必要でしょうか?

JaSST‘17 Kansaiでは、基調講演に日本IBMの細川氏、増田氏をお迎えし、人工知能、機械学習とテストについてご講演いただきます。
新たな知見をもたらすべく、AIを用いたテスト、AI自身のテスト等に関して、最新の情報を交えてお話しいただきます。

また、AIとソフトウェアテストに関する講演だけでなく、ソフトウェアテストを考えるときの問題の捉え方やアプローチ方法のワークショップなど、多彩に取り揃えてみなさまをお待ちしております。

JaSST‘17 Kansaiを通じて、最新の情報に触れるとともに、ソフトウェアテストの根元の部分も考える、そんな1日となれば幸いです。

皆様のご参加を実行委員一同、心よりお待ちしております。

JaSST'17 Kansai 実行委員会      
実行委員長 野中 成夫
プログラム委員長 大段 智広

JaSST'17 Kansai 開催要項

名称
JaSST'17 Kansai ソフトウェアテストシンポジウム 2017 関西
「アイ、テスト」
日程
2017年6月23日(金) 9:30 ~ 受付開始
 9:50~18:10 シンポジウム
場所
主催
参加費
シンポジウム : 5,400円 (税込)
基調講演
細川 宣啓 氏 (日本IBM)
「テストと人工知能 (仮)」
増田 聡 氏 (日本IBM)
「テストと人工知能 (仮)」
招待講演
伊藤 望 氏 (TRIDENT)
「UI自動テストツールとAI」
協賛

会場へのアクセス

いたみホール

〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前1-1-3
Tel:072-778-8788

会場へのアクセスは下記会場HPよりご確認下さい。

JaSST'17 Kansai に関するお問い合わせ

JaSST'17 Kansai に関するお問い合わせやご連絡につきましては下記まで電子メールでお願いいたします。

JaSST'17 Kansai 実行委員会事務局
E-mail: kansai-query@jasst.jp
(お問い合わせは電子メールでお願いいたします)
※本アドレスで受けられるメールの最大容量は50KBとなっておりますのでご注意ください