JaSST'22 Tohoku-実践事例募集要項

JaSST
JaSST'22 Tohoku

JaSST'22 Tohoku 実践事例募集要項

実践事例募集の投稿は締め切らせて頂きました。多数のご投稿を頂き、実行委員一同感謝しております。

JaSST'22 Tohoku 実践事例募集

JaSST'22 Tohokuでは、ソフトウェアテストに関する事例発表を募集します。
今回のテーマの「テスト自動化その前に」にちなみ、テスト自動化に取り組んだ事例を苦労した点/工夫した点を中心に発表をお願いします。

募集内容

JaSST'22 Tohoku「テスト自動化その前に」では以下の内容を募集します。

  • 事例テーマ「自動化の導入/改善によるテストのビフォーアフター」
    上記、事例テーマに沿った以下のような内容(※)を想定しています。
    • 自動化により解決しようとしたこと
    • 活動の中で良かったこと
    • 活動が失敗したこととその原因
    • 進める上で大変だったこと
    • 自動化を導入する際に気をつけてほしいこと
    • 残っている課題

※例であり、事例テーマに沿っていれば他の内容でも構いません

事例発表者(※)はシンポジウム参加費が無料となります。

※セッション登壇者1名まで、JaSST'22 Tohoku の参加費が無料となります。
発表を複数名で行う場合、二人目以降の方の参加費は有料となります。
会場までの交通費は、各自のご負担となります。

たくさんのご応募をお待ちしております!!

募集要領

<事例紹介>を募集します。

御応募する場合、エントリーシートとアブストラクトを提出していただきます。
提出されたアブストラクトを実行委員が査読し、採択の可否を判断いたします。
また、査読の際に出たコメントは返信いたします。

採択された場合、本会までにパワーポイント等で発表スライドを作成いただき、投稿していただきます。
JsSST'22 Tohoku 当日の発表時間は20~30分(質疑応答込み)を予定しています。

<応募資格>

JaSST'22 Tohoku 当日に参加・発表が可能な方

評価基準

採択は下記の基準で評価・判定します。参考にしてください。

1. 有用性

  • 実践内容や提案方法が実務や管理活動に役立つか。
  • 手法や方法が具体的に示され、その効果が見込めるか。

2. 信頼性

  • 有用性が客観的に評価、確認されているか。
  • そのことを判断できる情報や根拠が示されているか。

3. 導入可能性

  • 発表者の現場・プロジェクトに特化し過ぎていないか。
  • 他社でも適用可能か。
    • 成功事例の場合、工夫した点が併記されており、その工夫が他社に適用可能か
    • 失敗事例の場合、教訓が併記されており、その教訓が他社に適用可能か
  • 導入コストが低いかどうか?

4. 構成・わかりやすさ

  • 想いや趣旨が読み取れるか、構成が適切か、論理の飛躍がないか、文章表現がわかりやすいか、 誤字脱字衍字はないか、など推敲は十分に行われているか。

<注意事項>

  • 商品の宣伝がメインとなる投稿はご遠慮いただいています。
  • 採択はアブストラクトで判定します。ただし、採択時の査読コメントが発表資料(スライド)に反映できていない場合には、棄却となる場合がありますのでご注意ください。

投稿方法

実践事例募集の投稿は締め切らせて頂きました。多数のご投稿を頂き、実行委員一同感謝しております。

募集・審査日程

開催までの日程表・①事前申込期間(2022年2月1日~2022年2月28日)/ ②採否通知(2022年3月下旬)/ ③カメラレディ締切(2022年4月上旬)/ ④発表資料(スライド)締切(2022年4月28日)/ ⑤発表(2022年5月27日)

エントリーシート テンプレート

(以下をコピーしてメール本文に貼り付けてください)

  • 発表者
    • ふりがな:
    • 氏名:
    • 所属・部門:
    • E-Mail:
    • 発表場所:オンサイト or オンライン
    • オンサイト発表時のPC:自PCを使用したい or PCは用意してほしい
    • 当日の発表人数:
  • 事例概要
    • タイトル:
    • サブタイトル:
    • キーワード:
    • 概要:
  • Web掲載可否
    採用された実践事例は、シンポジウム予稿集として受講者に配付いたします。
    また、JaSSTのWebサイトの開催要項やレポートページに以下の情報を掲載させていただく予定です。
    Webサイトへ掲載できない情報がある場合、掲載不可をお知らせください。
    • 氏名:可 or 不可
    • 所属:可 or 不可
    • 発表資料:可 or 不可
    • 発表時の写真:可 or 不可
  • その他
    他のシンポジウム等で類似内容の発表予定がある方は、以下の情報を記載してください。
    • 投稿先:
    • 掲載先:
    • 発表日:

アブストラクト テンプレート

(以下をコピーしてメール本文に貼り付けてください)

  • 発表者
    • タイトル
    • サブタイトル
    • 氏名
    • 所属・部門
  • 事例概要
    • はじめに・背景(200~400字程度)
      何について論じるのか(テーマ)、それはどのような問題意識からのものか。
    • 解決したい問題(200~400文字程度)
      現状(実際の姿)と目標(あるべき姿)との差異、現状の困りごとなど。
    • 特に工夫した点・実際の効果(200~600文字程度)
      工夫、実際の効果(数値で出せるとよりよい)など。
      ※効果に関しては、活動中の場合には「想定(期待)」でも良いです。
    • 今後の展開・課題(200~400文字程度)
      今後の展望。新たに見えてきた課題や、未解決の課題など。

実践事例募集についてのお問い合わせ先

ご不明な点がございましたら、JaSST'22 Tohoku 実行委員会までお気軽にお問い合わせください。

JaSST'22 Tohoku 実行委員会事務局
E-mail: jasst.tohoku@gmail.com
(お問い合わせは電子メールでお願いいたします)
※本アドレスで受けられるメールの最大容量は10MBとなっておりますのでご注意ください
スポンサーシップ募集中! NPO ASTER Software Testing

PAGE TOP